簿記二級合格までの道のり⑦ 12/11~12/18

スポンサーリンク
学びのコツ

早いもので簿記二級の勉強を始めてから、7回目の記録となりました。一向に受かる兆しが見えないのは何かのバグでしょうか。

というわけで、第7週の学習内容と、次週の学習予定です。



学習内容

その1 リース取引 演習問題

リース分野の問題演習のみ。ここについては、ファイナンスリースとオペレーティングリースの違いを押さえておくことが大切かと思います。

オンバランスなのかオフバランスなのかというのは、企業にとっては大切なことです。

その2 外貨建取引

取引の条件によって、予め決められたレートを使うのか、あるいは取引時のレートを使うのか、その区分けをきちんと見落とさないようにすることが大切だと思いました。

為替差損益が利益と損益のどちらに計上されるのか、については、実際の経済情勢も深く関わりのある事項。経済に関心を持つ一つのきっかけになる分野になるのかなと個人的に思いました。

その3 連結会計①総論・資本連結

総論の部分については、まあ連結ってそういうことだよなと理解ができました。しかし、資本連結の部分は本当に面倒。。。

順を追って理解していけばなんとか頭の中で咀嚼できるのですが、読み急ぐと本当にわからなくなるのがこの分野だと思う。時間かけてもいいから、じっくり焦らず理解していくべき分野だなと痛感しております。



次週の学習予定

連結会計①総論・資本連結

まだまだ終わりが見えないので、引き続きこの分野を進めます。

商業簿記の山場だと思う。頭フルに使って、理解するぞ。

連結会計②成果連結・連結精算表

①と②をきちんと理解できれば、財務諸表の読み方もかなり変わってくるのではないかと思う。

あくまで実務のための勉強であることを忘れずに、粘り強く戦っていこう。

というわけで、明日からもがんばっていきましょーーー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました