メルカリ 売れやすい出品方法3選

スポンサーリンク
生活のコツ

皆さんこんにちは。今日もメルカリ生活満喫していらっしゃるでしょうか。普段は簿記の学習日記ばかり載っける僕ですが、実はメルカリを結構やっているんです。

せどり等ではなく純粋に自分が持っているモノを売り続け、その数約380品まで到達しました。

星の隣にあるのが取引数。2品ほど購入しているので売った数は378とかですかね。

今回はそんな僕が実践している、効率的にモノを売るコツを3つ、ご紹介します。



コツ1 写真は状態がわかるのが最優先、次に綺麗さを

メルカリで売る際どうしても大切になるのは写真です。

人の印象において見た目が大きな要素と言われているように、メルカリにおいても商品写真はかなり大切だと思います。

写真において大事なのは、まずは状態がはっきりわかること。

売りたい気持ちが先行するとどうしても見せたくない部分は隠したいもの。。

ですが、隠して売って隠して売って・・・を繰り返していてもいいことはありません。

気持ちのいい取引をすれば、自分も続ける気概が残るもの。まずはその商品の状態がしっかりとわかる写真を心がけてください。

とはいえ、綺麗な写真が大切であるのもまた事実。明るさや撮影の角度をうまく工夫してみるのがオススメです。



コツ2 説明欄は、必要事項をコンパクトに

説明欄で意識すべきことは1つです。それは“買う側の気持ちになって考えること”

どんなことが書いてあれば買う側として安心か、ありがたいかなど考えながら文章を組み立ててみてください。

最低限、購入時期、使用回数くらいはどんなものでもあるといいでしょう。



コツ3 はじめは高めの値段設定を(売れている商品を参考に)

メルカリで悩みのタネとなる要素の一つが値段の設定だと思います。

自分で考えているだけではなかなか適正な値段がわかりませんよね。。。

そこでオススメなのが、すでに売り切れた商品の値段を見てみること。売れた商品の値段は需要と供給が一致した値段と言えます。

それを参考に、はじめはその値段より少し高めに設定しておくことをオススメします。

なぜなら、メルカリでは基本的に値下げ交渉が非常に多いです。

値段を見て交渉しているというよりも、とりあえず値下げ依頼して安くなったらラッキー。という文化が根付いているのがメルカリです。

であれば、はじめは売れている価格よりも若干高めに設定しておき、値下げ後に実際に売れている金額で売る。なんて流れがベストかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました