気持ちを楽にする3つの方法

スポンサーリンク
Uncategorized

方法1 何か一つに気持ちを依存させない

趣味、恋愛、仕事等々、生きていく上で気持ちを傾けることができるものはこの世に無数に存在します。

大切なのは、気持ちを傾ける先を1つだけにしないこと。

もちろん、短期的には何か1つに絞ってそれに全力を捧げる時期もあります。大きな仕事をしている時もそうだし、恋人に全てを捧げたい日もきっとあります。

ですが、長い目で見たときに、何か1つにずっと注力し続けるのは、個人的には危険だと思います。

なぜなら、それを失ったとき、あるいは上手くいかなかったとき、立ち直るための手段が極めて限られてしまうから。

残酷な話ですが、世の中に永遠に続くものも、ずっと成功し続けることもありません。

何かを失いながら人は生きるし、良し悪しに波はあります。

そうしたある種の停滞期に、何か別の関心ごとがあるかどうかは非常に重要です。

特に、恋愛や仕事は要注意。盲目になりがちですが、人間同士のつながりである以上波があるもの。

趣味等でうまく関心を分散させることが、結果的にずっとポジティブでいられる秘訣だと思います。



方法2 周囲に期待をし過ぎない

他者もあくまで他者の人生を生きている、自分の期待に応えるために生きているわけではない。こう考えるとちょっと楽になります。

誰かに期待して裏切られると、どうしてもしんどいもの。でも、一方的な期待は悲しいことになかなか叶わないもの。

だからこそ、ここはポジティブに、周りに期待しないことも大切。

“みんな違ってどうでもいい”Twitterでこんな言葉を見つけましたが、まさにこの通りだと思います。



方法3 生活リズムを整える

ぶっちゃけこれが1番大切な気がします。笑

別に極端に早起きとかする必要はなく、とにかく就寝と起床の時間をバラバラにし過ぎないことが重要です。

ある本で読んだのは、就寝と起床の時間が2時間以上ブレると良くないそうです。

休日前は夜更かししたくなるし、休日の朝はついつい寝坊してしまいがち。

ですが、ここひとつ頑張って、寝る時間、起きる時間の差を2時間以内にしてみましょう。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました