営業で結果を出す人の5つの特徴

スポンサーリンク
仕事のコツ

皆さんこんにちは。ないんと申します。

今回は、僕が働く中で先輩を観察したり、お客さんと相手をする中で、「この人はこういう特徴があるから結果が出るんだな、、!」と痛感したその特徴を5つにまとめました。



特徴1 相手が主役の会話展開ができる

営業というとどうしても自社の製品やサービスをアピールしたくなるもの。ですが、本当に結果を出す方は常に相手優先の会話を心がけているように感じます。

もちろん自分の話もしますが、それはあくまで相手の話に合わせながら。

きちんと結果を出せる人は、相手に気持ちよく話をしてもらえるよう、話し方やストーリーの組み立てをしています。

特徴2 相手のニーズを的確に拾える

1つ目の続きで、相手に気持ちよく話してもらうことで、自然と相手のニーズを汲み取れるのが結果を出せる人の特徴です。

文字に起こすとどうしてもいやらしい感じが出てしまいますが、結果を出せる人は純粋に相手のことを思って営業をします。

そして心のこもった会話を展開するからこそ、お相手も本音の部分を話してくれるのです。

特徴3 物腰が柔らかい

まあこれは業界にもよるのかもしれませんが、基本的に結果を出せる人は普段から温厚な人が多いように感じます。

結果を追い求める意識の高い方=気難しい方 というイメージがどうしてもありますが、本当に結果を残す人は普段から他者思いで、結果を出すために何かをするのではなく、人のためになることをしてその後結果がついてきているように思います。

特徴4 それでも、自分に自信を持っている

とは言え、それは自分に自信を持っていない、というわけではありません。

確固とした自分の芯を持っているからこそ、他人思いにもなれるのだと僕は思います。

特徴5 お相手によって話し方や展開を変えられる

相手を思っているからこそ、その人にとって話しやすいペースだったり、話しやすい展開を作ることができる、これもまた結果を出せる人の特徴だと僕は思います。

ストレートな表現を好む人なのか、婉曲的な表現を好むのか、あるいは雑談の長さはどれくらいがいいかなどなど・・・

そういったいわば会話の勘所のようなものを、相手との会話の中で掴んでいるように思います。



まとめ

つまるところ、結果を出せる方というのはずばり“相手思い”な人だと僕は思います。

まずは意識的にでもいいので、相手を思いやる気持ちを持って接することがまずは第1歩なのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました