リースを知るのに役立つ書籍・サイトまとめ+α

スポンサーリンク
学びのコツ

みなさんこんにちは。ないんと申します。連休明けの月曜日、みなさんご無事でしょうか。

僕はもう既に休みが恋しい。せめてリモートワークしたい。

さて気を取り直して。今回初めて、リース取引やリース業界について深く知るのに役立つ書籍やWebサイトをまとめました。

仕事上リースの知識が必要な方であったり、なんとなく興味がある方、はたまた就活中の方など、多くの方のお役に立てるコンテンツではないかと自負しております。是非御覧ください。



「リース取引の基本と仕組みがよ〜くわかる本」秀和システム

この本には

・リースの基本(仕組みやメリットデメリット)

・リース会計、税制、法務

・リースの現状

など、基本的な知識がまとまって掲載されています。この一冊を読めばリースについてまず十分な知識が得られる一冊です。

ただし、専門的な言葉が使われていたりするので、初学者の方には少し難易度が高いかもしれません。

そんな方には以下で紹介する書籍やサイトがおすすめです。


「東洋経済INNOVATIVE リースの新常識」

ビジネス雑誌として有名な東洋経済が、リース業界についてまとめてくれている一冊です。

こちらの書籍には、

・リース取引の簡単な説明

・各リース会社の特徴

の2点が主にまとめられています。

こちらのリース取引に関する説明は、内容が簡素なぶん、分かりやすいと捉える人も多いと思われます。

そして一冊目と大きく異なるのは、日本のリース会社のそれぞれの特徴が簡単にまとめられているところです。

リース取引と共に、リース会社の特徴を知りたい!なんて方にオススメです。


リース会社のHP

リース取引について知りたいなら、各社のホームページを覗いてみてください。結構わかりやすくリース取引の説明がなされています。

本を買う前にホームページの説明を見てからでも遅くはないですし、かなり良質な情報が手に入ります。

無料と言えど侮るなかれ。企業の顔とも言えるホームページには、わかりやすい説明がたくさんあります。さながら、少量でも良質な栄養が摂れる食品のよう。



番外編:簿記二級(商業簿記)テキスト

簿記二級の範囲には、リース取引の内容が含まれています。簿記なので会計周りの話にはなってしまいますが、企業がリース取引をどのように帳簿につけているのか、その参考になるでしょう。

以上、僕がおすすめするリース取引、リース業界に関する情報源をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました