【副業におすすめ】僕がブログ記事を書くときの手順3STEP

スポンサーリンク
学びのコツ

今回の記事は、ブログを初めてみたけれど、一体どうやって記事を考えて、書いていけばいいかわからない・・・といった悩みを持っている方に向けて書いた記事となっています。

これまで無料ブログ時代を含めておよそ100近くの記事を書いてきた僕が、実際に記事を書く際に行っている手順を、今回はお話ししていこうと思います。

それでは、早速本題に入ります。



ステップ1 朝活でアイデア出し・構想を練る

まずは、当たり前ですが記事にする内容を考え、どういった構成にするか書き出していきます。

内容は思いついたその都度メモをとっているので、必ずしもこのタイミングで考えでしているわけではありませんが、記事の構成はこの段階で考えます。

ここで大事にしているのは、必ず紙とペンを用いていること。

記事執筆のスタイルは人それぞれなので自分なりのスタイルがあればそれに越したことはありませんが、僕は必ず書くという動作を取り入れるようにしています。

書くことで頭の中がより整理され、いざ記事を書き始める際にも書きやすくなります。

また、僕はこの作業を必ず朝に取り組むようにしています。

僕は平日は毎日朝5時に起きて社内のラウンジで朝活をしているのですが、そこでまずするのがこのブログ記事を書くための下準備です。

僕自身は朝型で、早朝に一番頭が回ります。その時間をブログの準備に当てることで、ほぼ毎日、無理なく更新を続けることができています。

そして、アイデア出しの段階でよくある悩みが、「そもそもアイデアの出し方がわからない・・・」というものです。そんな方にお勧めなのが「アイデア大全」という本です。

この本は独学大全でお馴染みの読書猿氏が著した本で、アイデアの出し方にフォーカスが当てられた1冊です。

アイデアもないし、そもそもアイデアの出し方もわからない、、、なんて悩みを抱えている方には是非お勧めしたい1冊です。


ステップ2 下書きは帰りの電車内で

朝活で構想を練ったら、帰りの電車で記事の下書きを書きます。

こちらは基本的にスマホを使います。

電車内で記事を書く理由は大きく分けると3つあります。

1つめは、電車内はスマホの誘惑さえ断ち切れば、集中できる環境にあるからです。

自宅であればタブレットやゲームなど、様々な誘惑と戦わなければなりません。しかし電車内であれば、その誘惑はスマホだけ。そしてそのスマホで記事を書いてしまえば誘惑を断ち切ることができ、作業に集中できるのです。

2つめは、電車内はまだ脳内が仕事モードであるからです。

家に帰ってしまうと、どうしても脳内のスイッチが切れてしまいます。そうなる前に記事を作り上げることで、より洗練された記事を書くことができます。

3つめは、電車内の時間を有効に使いたいからです。

電車内の有意義な使い方として代表的なものに読書がありますが、仕事帰りの電車で読書をするとどうしても眠くなります。

一方アウトプットの作業である記事の執筆は、個人的な感想ではありますが眠くなりにくいと思います。せっかくの空き時間を有効に活用すべく、僕はこの時間を下書きに充てています。

ステップ3 自宅のPCで最終確認

帰宅後は記事の推敲等の最終確認です。

誤字脱字、内容に矛盾はないか、などを軽く確認したのち、公開します。

また、広告を貼る場合は基本的にこのタイミングで貼ります。

以上が、僕がブログ記事を書く際の3ステップです。

どういった手順で記事を書けばいいかわからない・・・なんて方のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました