【無印良品】「大きく開く撥水リュックサック」が使いやすい話

スポンサーリンク
生活のコツ

皆さんこんにちは。ないんと申します。

三月も残すところあと二日となりました。今日はもう夕方なのでもうあと一日ですね。年度の終わりですが皆さん、やり残したことはありませんか?

僕は明日で大学生活が終わるので、やり残したことを考えだすとキリがありません。。。そのモヤモヤは社会人としての生活で発散しようと思います。果たしてどんな生活が待っているのだろう。。。

さて今回のテーマですが、タイトルの通り、無印良品の大人気商品「大きく開く撥水リュックサック」の機能を紹介し、実際に使ってみた感想を述べていこうと思います。

では早速本題に入ります。



商品の軽い紹介

「大きく開く 撥水リュックサック」

こちらが今回紹介する「大きく開く 撥水リュックサック」です。公式の情報によると大きさは

縦50/横30/マチ18 

となっています。画像をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、結構大きめのサイズで、荷物が多い方にはかなり嬉しいサイズ感となっています。

同じく無印良品の大人気商品「肩の負担を軽くする 撥水リュックサック」と大きさを比較できる写真も以下に載せておきます。

大きさの比較。結構サイズ感に差があります。

画像の通り、結構サイズが変わります。

また、リュック全体で作りがかなりしっかりしています。さらに商品名の通り撥水機能もあるため、余計な心配なくガンガン使うことができています。

僕は旅行の際はだいたいこのリュック一つで済ませています。おおよその目安として

・2泊分ほどの着替え

・スキンケア用品

・その他細かな荷物(モバイルバッテリーなど)

などをこのリュック一つに収納できました。

詳細の紹介

では続いて、細かい部分を見ていきます。

はじめに少し言葉を残しておくと、このリュックサック、かなりポケットが充実しています。大きさはさることながら、細かいところにも工夫が施されているので、かなり使いやすいです。

ポケットの紹介

こちらはメインの収納部分を写した写真です。ここはかなりシンプルな構造になっていますが、きちんとPCポケットが内装されているのが嬉しいポイントです。

実際にここにPCを入れて移動したことがあるのですが、特に不安なところはありませんでした。

縦が長いだけあってメイン部分はかなり量が入ります。男性の2泊くらいの旅行であれば、このリュックだけで荷物を済ませることも可能なレベルです。

部活動等で着替えが必要な方にもぴったりかと思います。

本体上部のポケット。財布等の収納に便利

続いて、各種サブポケットの紹介です。一つ目は本体上部、フタの部分にあるポケットです。

こちらは大きさ、深さこそないものの、細々としたものを入れるのに役立ちます。財布やチケット等をここに入れておくと

結構便利です。リュックの中で迷子になる心配がありません。

本体前部にあるサブポケット。細かい収納が便利

続いては本体前部にあるポケットです。このポケットには細かな収納がいくつかあり、結構便利です。内部のポケットはメモ帳やマウスウォッシュ等を入れるのにちょうど良いサイズです。特にメモ帳はボールペンと一緒に挟んでおくといざという時取り出しやすいです。

またこのポケットは結構大きさがあるので、モバイルバッテリーや充電器等のデジタルデバイスも楽に入ります。メインポケットよりも取り出しやすい形になっているので、緊急時にすぐに取り出したいものなんかを入れるのに適しているかと思います。

サイドポケット。ペットボトルも余裕で入ります。

最後がサイドポケットの紹介です。

画像にあるペットボトルは確か500mlよりも少し大きめなペットボトルでしたが、ご覧のようにすっぽり入ります。それくらい大きいです。折り畳み傘も余裕を持って入りました。

大きく開く とは何か

続いて商品名にある「大きく開く」状態について少しだけ触れようと思います。文字通りこのリュックを大きく開いた状態は以下の通りです。

めっちゃ開きます

画像の通り、メイン収納の部分が完全に開き切ります。この機能は旅行の際なんかに結構真価をはっきします。一度荷物を整理したい場合などにかなり便利です。

ただ、普段この機能を使うかというと・・・。笑

こんなに広げられるスペースはあまりありません。笑

まとめ

ここまでの内容を踏まえてこの商品に対する感想としては、これほどの容量・クオリティでこの値段は素晴らしいんじゃないかと思います。(税込7990円)

大容量のリュックを買うとどうしても値段が張ってしまったり、安いものはペラペラだったりします。そんな中で1万を切る値段でこれだけのモノが買えることはなかなかありません。

コスパの良い大容量リュックサックを探している方にはぴったりだと思います。

以下に無印良品の公式HPのURLを貼っておくので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

https://www.muji.com/jp/ja/store
無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に生まれました。現在、全世界で700店舗を超え、商品アイテムは、約7,000品目を扱っています。

オンラインストアでは売り切れている場合もあるので、もし可能であれば店舗にてチェックしてみるのもありだと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました